合同会社と株式会社との違い | 名古屋市の司法書士・税理士・社労士による会社設立サポート

合同会社と株式会社との違い

会社法の規定上、主な違いは以下のとおりです。

会社規模による機関設計

株式会社…大会社には会計監査人の設置義務あり(会328条2項)
合同会社…会社の規模による機関設計に関する規制なし

取締役等の任期

株式会社…取締役:原則2年(定款で10年まで伸長可能)(会332条)
     監査役:原則4年(定款で10年まで伸長可能)(会336条)
合同会社…業務執行社員について任期規制なし

決算公告

株式会社…決算公告義務あり(会440条)
合同会社…決算公告義務なし

休眠会社のみなし解散

株式会社…最後の登記から12年間経過した場合にみなし解散(会472条)
合同会社…規制なし

持分の譲渡

株式会社…原則自由。定款の定めにより譲渡制限を設けることができる。
合同会社…全員の承諾が必要。ただし、定款で別段の定めが可能。

現物出資における検査役の調査

株式会社…必要
合同会社…不要


会社設立手続きを依頼するなら名古屋総合リーガルグループへご相談ください 052-231-2605 無料相談実施中
無料相談会ご予約受付中!
司法書士・税理士・社会保険労務士紹介
  • 司法書士 加藤綾子
  • 代表社員税理士 浅野了一
  • 社員税理士 杉浦恵一
  • 所属女性税理士
  • 所属税理士
  • 社会保険労務士 岡田恵子